写真をよく見よう | ソープランドを利用し、いつもの風俗店では楽しめないサービスを

写真をよく見よう

「写真をよく見よう」のイメージ画像

ソープを利用したい、そう思った時には吉原などのソープ街へと行き、様々な店舗の中から自分好みの店舗を探して利用することになります。
自分好みの店舗を見つけた後は、その店舗に入って利用手続きを行っていくことになるのですが、その際に行なうことの1つに、指名用のパネル写真というものを見ながらの指名というものが有ります。
この指名というものを行なうことにより、誰にサービスをしてもらうのかというのを決めることができるのですが、この指名の時に利用するパネル写真……これには実はある罠が施されている可能性があります。

パネル写真に施された罠とは何か、それはソフトウェアによる加工です。
パネル写真というのは基本的にはデジタルカメラで撮影され、その撮影されたデジタルデータの写真を、専用の写真加工用ソフトを利用して加工しパネル写真に作り上げます。
その際に行われる加工内容としては、基本的にはデジタルノイズの除去や明るさの調整といったものなのですが、場合によってはほくろやシミの除去が行われることもありますし、中には体型や骨格の補正といった内容のものが行われる場合があります。

ほくろの除去程度であれば、実際の女性の姿と写真の女性の姿に差は殆どありません。
ですが、体型や骨格を作り変えるような加工がされている場合、写真を見た時に感じた印象と実際の女性を見た時に感じる印象というのは大きく違う……それこそ別人がやって来たんじゃないかと思う事もあります。
なので、写真というものはしっかりとチェックし、どこがどう加工されているのかを調べた上で、写真に写っているパッと見の印象にダマされないようにしながら指名するソープ嬢を選ぶ必要があるのです。